アートライブラリーから見る風景 2020.11.03
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アートライブラリーから見る風景 2020.11.03

こんにちは。
金沢21世紀美術館アートライブラリー担当の小孫です。

みなさん、金沢21世紀美術館にアートライブラリーがあるのはご存知ですか?
アートライブラリーは、美術関連の資料に出会える図書室です。

アートライブラリーの様子を、私(スタッフ)の目線からお伝えしていきます。
どうぞ、よろしくお願いします。

金沢21世紀美術館との出会い

アートライブラリーについてお伝えする前に、私と美術館の出会いについてお話しさせていただきます。

私は金沢で生まれ、金沢で育ちました。
生活環境に大きな変化もなく、少しずつ変わっていく街の風景を見ながら育ちました。

金沢21世紀美術館が開館されたとき、私は小学4年生でした。
地元に丸い大きな建物ができた!と思ったことを覚えています。

開館された2004年にミュージアムクルーズに参加し、金沢21世紀美術館とはじめて出会いました。
事前に、美術館について先生から教えてもらい、「まるびぃ、まるびぃ」と友達と言っていたのを思い出します。
(まるびぃ・・・丸い美術館、金沢21世紀美術館のこと)

高校、大学では美術学科のある学校に通い、卒業展示は美術館で展示をさせていただきました。

金沢21世紀美術館は、私の日常の風景になっていました。

画像2

美術館で働きはじめる

今年度から金沢21世紀美術館で働くことになり、担当となったのがアートライブラリーでした。

高校、大学と美術について学んでいましたが、図書についての知識はなかったので、少し不安でした。
しかし、アートライブラリーに来室されるお客さまは、図書の質問だけでなく、美術館のこと、金沢市内の情報など、様々な質問をされます。
お客さまの知りたいことをしっかりとお届けすることが、大切なことだと実感しています。

アートライブラリーのスタッフは、常にカウンターにいるので、来室者とお話しする機会が多くあります。

画像1

今のライブラリーについて

今年は新型コロナウイルスの影響で美術館が休館になりました。
再開館してからも、静かな日が多くなりました。
アートライブラリーも来室者は少なくなりましたが、ゆっくりと読書される方が増えたように感じます。

アートライブラリーに来室される目的は様々だと思います。
展覧会出展作家の本を読みたい方、本の表紙に惹かれた方、スワンチェアに座りたい方、部屋の雰囲気を楽しみたい方など。

どのような目的で来室されても、みなさんが心地よく過ごせる空間づくりを心がけています。


ここまで、これまでの美術館と私についてお話しさせていただきました。これからはアートライブラリーで過ごす中で見つけたことや感じたことなど、わたしの見ている風景をみなさんに紹介していきます。子どもから大人まで、多くの方がアートライブラリーに来室するきっかけになればと思います。

みなさまのご来室、お待ちしております!

小孫ちさと(金沢21世紀美術館 アートライブラリー担当)

「金沢21世紀美術館交流課note はじめました!」 新しい出会いや繋がりを皆さんと一緒に創り出すため、スタッフ8名がレポートや批評を発信していきます。どうぞご覧ください。